FC2ブログ
2016-11-11

完全敗北(1)

kanzenhaiboku1.jpg



kanzenhaiboku2.jpg



kanzenhaiboku3.jpg



kanzenhaiboku4.jpg



kanzenhaiboku5.jpg



kanzenhaiboku6.jpg



kanzenhaiboku7.jpg



kanzenhaiboku8.jpg


リリカ力負けand完全敗北シーンに挑戦です。
相手がゼットンですので完全敗北してもやむを得ないと思いますがね。
久しぶりにセリフ無しで表現してみようとも考えましたです・・・。( ;∀;)

1対1でガチに負けちゃうシチュはあんまり好みではないのですが、
卑怯な罠で格下の敵に負けちゃうシチュが多いので、ここはそのストライクゾーンを広げないと。
でも大した反撃も出来ずにやられちゃうので、すぐに終わると思います・・・。(*´▽`*)

コメント

ゼット~ン トゥルルゥ ゼットン~

なんでしょう、作者の肩の力が抜けているというのか1枚目の引きの絵から自然な展開でリリカのボディの魅力を十分に感じられます。(^ω^)

前回の5・6枚目のリリカの足の組み方や左足のつま先がこちらに向いているのがとてもわたしの足フェチレーダーを刺激されました(*゚▽゚*)。

今回も足フェチレーダーが反応していますw すぐ終わらせなくともジオラマもっと続きを作りましょうよ!

アングルが超かっけーーー!!!

二人の巨大さを十分見せながら対峙するシーンから入って
パイプなどの小物で巨体を意識させるカメラワークが
本当にかっくい~

敵に表情がない分容赦のなさが怖いぜ!
そして一番重要なのはやっぱりヒロインの魅力!! 最高!!

圧倒的じゃないか(゚∀゚;A)

2枚の華麗なジャンプからのボコボコ展開という流れが無慈悲です。(゚A゚;)

ゼットンは火球やバリアの印象が強い(二代目以降は知りませんけど(゚∀゚;A))ですが、格闘もかなりのパワータイプですからリリカには分が悪いですよね。

こういう王道な敗北シチュも新鮮で良いと思います。セリフや解説無しというのもどことなくピンチ感を煽っている気もします。

やはり最後はリリカフラッシュをカウンターされてしまうのだろうか…
されてほしい…(*´д`*)

suhaさまへ

やはり肩の力が抜けているのでしょうか。あんまりドキドキはしていませんので、かえって自然な流れになっているのかもしれません・・・。( ;∀;)

足フェチについては今のところ考えてなかったです。このゼットン君というのが、とにかく卑怯な・エッチな感じがしない真っ直ぐな暴走野郎という印象なのです。

ゼットン君・・・
う~ん、強すぎる・・・
どうしたらいいんだ・・・
ネタが続かない・・・(-_-)

赤花さまへ

カメラワークについて過分なお言葉をいただき恐縮でございます・・・。((+_+))

Poser10にはパイプ建造物などが標準装備されております。このパイプの下からあおるようにレンダリングすれば巨大感が出せるのかなぁと思いチャレンジしました。でも何だかビミョーですね。巨大感は出ているように思えるのですが、リリカにかぶっちゃって、見にくいような気がしてきました。

何だか狭いところで戦っておりますので、次回はゼットン君にリリカを離れたエリアまで放り投げてもらって、パイプの間から脱出させようと思います・・・。(-_-)

マキシモさまへ

そうなんです。今回はリリカボコボコ展開なのです。もちろん反撃を全て封じられ、無様な完全敗北になる予定です。(-_-)

リリカ 「うぅぅっ、まだ戦い始めたばかりなのに・・・」

ワタシもゼットン君は一兆度の火の玉や、八つ裂き光輪を防いだバリアのイメージが強いのですが、意外とウルトラマンに馬乗りになったり、押さえつけたりとパワーも凄いものがあるんですね。

最期はリリカフラッシュのカウンターもいいですねぇ。ボッコボコの後の止めを想像してみますね。
でもっ、ゼットン君ってナイスガイなので、あんまり豊かな想像が浮かばないのです。
コメント入力の最中に日付が変わってしまいました。ご免なさいね。(-_-)zzz

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nakakaji.blog63.fc2.com/tb.php/539-33bdcb3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) リリカのジオラマ. All rights reserved. Template by Underground