FC2ブログ
2017-04-25

ブロンズの粉がはがれちゃう・・・(3)

buronzunokonaga18.jpg

宇宙人A君
  「入るには入ったんだけど、何だかこの台の上は狭いなあ・・・」
  「そうだ、このブロンズ像をあっちの広いとこに持って行っちゃおうよ・・・」

宇宙人B
  「それがいい、そうしよう!」


boronzunokonaga103.png

やっ、やめろ!

buronzunokonaga19.jpg

リリカ
  「あぁぁぁ・・・・・」

宇宙人A君
  「ブロンズ像を縛るっていうのもおかしいんだけどね・・・」
  「一応抵抗出来ないように縛らせてもらうね・・・」

buronzunokonaga20.jpg

宇宙人B
  「おおっ、随分柔らかくなってきたぞ!」


buronzunokonaga21.jpg

宇宙人A君
  「しかしリアルなブロンズ像だよね・・・」
  「唇奪っちゃうんだから・・・」

≪ チュルルゥ・・・、チュパッ、チュパッ・・・≫

リリカ
  「あっ、ぐむぅぅぅ・・・」


buronzunokonaga22.jpg

宇宙人B
  「あっ、俺にもキスさせろよ!」

≪ チュパッ、チュパ、チュルルゥ・・・ ≫


boronzunokonaga102.png

もうっ、ダメッ・・・
ブロンズ像に化けているのが、バレちゃう・・・・・



リリカさん・・・・・・・。
もうっ、バレてますって・・・・・。

ああっ、ようやく期初の忙しさから解放されました・・・。
特に今年はいろいろと事務が変わりまして、ホントに酒飲む暇もないくらい忙しかったです。
うちの会社もどっかの運送会社と同じで、圧倒的な人手不足なんじゃないか!(; ・`д・´)

久しぶりのリリカ更新ですので、慣らし運転もかねて5枚での更新です。

2017-04-13

更新滞っております・・・。

boronzunokonaga100.png

29年度が始まって仕事のルールが変わるし、花見はあるし、新入社員も入ってくるし・・・。
もう忙しくてブログ更新どころじゃないわ!


kyokanookao3.png

リリカ先輩そんな事言っちゃって・・・。
実はモチベが下がっているんじゃないの!
正直に言っちゃいなさいよ!

nisikun.jpg

そんなことあらへんで・・・。
時間が無いんや、時間が・・・。
ワイはダメな男や・・・・。


boronzunokonaga101.png

うっ、うどんが鼻から・・・。

kyokanookao5.png

誰なんだお前は!


というわけで、更新はもうしばらくお待ちください・・・。(´Д⊂ヽ

2017-03-29

ブロンズの粉がはがれちゃう・・・(2)

buronzunokonaga9.jpg

宇宙人A君
  「はむぅ、はふぅ、はふぅぅ・・・」
  「何だかブロンズ像の足とは思えないや!」
  「温かいし、少しだけリリカちゃんの香りがするよ・・・」


buronzunokonaga10.jpg

宇宙人B
  「全くだ!」
  「ブロンズ像のくせに、こんなイヤラしい乳首もつけてるなんてよ!」

≪ ギュッ、ギュギュッ・・・ ≫


boronzunokonaga101.png

あわわぁぁっダメ・・・、
そんなに舐めたらブロンズの粉がはがれちゃう・・・


buronzunokonaga11.jpg

宇宙人A君
  「さあて、もう少し頑張るぞ!」
  「ペチャ、ペチャ、レロレロ・・・」
  「あれっ、何やら舐めてるうちにブロンズ像が柔らかくなってきたような・・・」


buronzunokonaga12.jpg

宇宙人B
  「チュパッ、チュウゥゥ、チュチュウ・・・」
  「あれホントだな、お乳が少し柔らかくなってきたぞ!」


boronzunokonaga102.png

あぁ・・やめて・・・。
いやぁ、そんなに舐めちゃぁ~・・・


buronzunokonaga13.jpg

宇宙人B
  「えっ!?」

宇宙人A君
  「どうしたのさ!」

宇宙人B
  「いやぁ、何だか今このブロンズ像が喋ったような・・・」

boronzunokonaga103.png

やっやばい・・・・・


宇宙人A君
  「そんなバカな・・・」
  「ブロンズ像が喋るわけないさ・・・」
  「それより~も」


buronzunokonaga14.jpg

宇宙人A君
  「こんなに柔らかくなったのなら、ひょっとしてオイラの息子を・・・」

リリカ
  『ゲゲッ!』


buronzunokonaga15.jpg

宇宙人A君
  「何だか先っぽは入りそうなんだけどね・・・」

リリカ
  『やっ、やめっ!』

宇宙人B
  「思い切って突っ込んでみろよ!」


boronzunokonaga104.png

ダメッ、お願いっ、それだけは・・・

buronzunokonaga16.jpg

宇宙人A君
  「よっこらせっと・・・」
  「おおっ、上手く入ったみたいだよ・・・」

boronzunokonaga105.png

あぁ~、そ、そこはぁ~・・

buronzunokonaga17.jpg

宇宙人B
  「いいなっ、いいなぁ!」
  「お前が終わったら代われよな!」

宇宙人A君
  「分かってますってば・・・」
  「でもこのブロンズ像はリアルだなぁ!」



さて(2)はいかがだったでしょうか・・・。
動けない状況で弄ばれちゃうシチュはなかなか興奮することに気が付きました。
でもっこれって・・・、宇宙人もう気が付いていますよね。
リリカがブロンズ像に化けているって・・・。
右手や顔も動かしてますから、まず気が付かないフリをして楽しんでるんでしょう。

さて次回(3)でエンディングの予定ですが、また枚数食っちゃったら(4)まで行くかもしれません。
モチベが続かなければ(3)で終わりになると思います。(-_-)zzz

2017-03-16

ブロンズの粉がはがれちゃう・・・(1)

buronzunokonaga1.jpg

突如街中に宇宙人たちが舞い降りて来る・・・。
リリカは変身し宇宙人と戦うのだが多勢に無勢の状況。
徐々にエネルギーが尽きて苦戦を強いられていた・・・。


buronzunokonaga2.jpg

リリカは一旦人間サイズにスケールダウンして戦闘から離脱した。

宇宙人
  「リリカはどこに行った!」
  「探せ! まだそう遠くには行っていないハズだ!」
  「リリカを捕まえろ! 我々の敵を捕まえるんだ!」

リリカ  
  「ハァハァハァ・・・、次から次へとキリがない!」
  「でももう戦う力が残っていない・・・」
  「何とか逃げて態勢を立て直さなければ・・・」


buronzunokonaga3.jpg

リリカ
  「公園の噴水・・・・・」
  「あっ、その手があったわ・・・」


buronzunokonaga4.jpg

リリカは最後の力をふり絞って、自分の姿をブロンズ像に変えていく・・・。

リリカ
  「ブロンズを身体につけてブロンズ像に化けるしかないわ!」
  「でもバレたらおしまい・・・」
  「もう戦う力も残されていない・・・・・」


buronzunokonaga5.jpg

宇宙人B
  「ったく、リリカはどこに消えたんだろうな・・・」

宇宙人A君
  「リリカちゃん、怖がらなくてもいいんだよ・・・」
  「僕たちは手荒なマネはしないよ!」
  「約束するから出ておいでよ・・・」


buronzunokonaga6.jpg

宇宙人A君
  「あっ、いつの間にか銅像が出来たんだ・・・」
  「昨日までは無かったのにね・・・」

  ≪ペタペタ・・・≫
  「なんだか綺麗な銅像だなぁ・・・」
  「それにリリカちゃんをモデルに作っているみたいだよ・・・」

buronzunokonaga7_20170317065402ba5.jpg

宇宙人A君
  「おや~、この銅像あったかいや。」

宇宙人B
  「ほう~どれどれ出来立てのほやほやかもしれんな~」

まず宇宙人A君がリリカの太腿に抱きついてきた・・・。
そしてリリカの下腹部をペタペタとうれしそうに擦っている。
宇宙人Bも続いてリリカの上半身に抱きついてくる。


buronzunokonaga8.jpg

宇宙人B
  「おおっ、ホントにあたたかいぞ!」

  ≪ ムギュッ! ≫

宇宙人Bのいやらしい両手がリリカのおっぱいを掴む!

リリカ  「あっ」

思わず小さな喘ぎ声を上げてしまうリリカ。



boronzunokonaga100.png

身体に触れられて困惑するリリカ。
でもリリカは銅像なのだ・・・。
ただ黙ってされるがままになるしかないのである・・・。

(どうしよう、困った状況になったわ・・・)



さて今回は当ブログの主役、エロシチュ担当のリリカさんの登場です。
気が付いた方も多いと思いますが、このお話はキューティーハニーのシチュをパクッお手本にしています。

シザースパンサーに追われスタイルチェンジする力も戦う力も残っていないハニーは公園に逃げ込む。
そして一計を案じて公園内の噴水の銅像に化けてパンサーの追撃をかわす。
でもパンサーの追撃はかわしたのだが、早朝の公園に現れた知り合いの速見親子にエロいことをされる。
動いて逃げ出したいのだが、変身がバレちゃうので動けない・・・。
また感じちゃって声を出したいのだが、同じくバレちゃうの出来ない・・・。
ハニーは速見親子のされるがままになるしかないのであった・・・。

小さい頃にこのお話を読んだのですが、もうトラウマになっちゃって・・・。
すごいですよね少年誌に掲載されていたんですよ・・・。


それにしてもリリカさんは何ちゅうポーズでブロンズ像になるんでしょうか。
両手を上にあげて両足を広げて、これじゃあまるで触ってくれと言っているようなもの。
でもこのポーズじゃないと後々困るんです・・・。
良い子のみんなは分かったよね!("´∀`)bグッ!

このお話はあんまり長くは続かないので(3)ぐらいで終わる予定です。

2017-03-08

しのぶがんばれ~(3)

shinobunokubiga19.jpg

≪ グフォフォフォフォ・・・ ≫

怪獣は嫌な声で笑いながら地獄の剣を構える・・・。

shinobunokubiga20.jpg

そしてその剣を動けない忍の首筋に!

shinobunokubiga21.jpg

≪ ビシュッ! ≫

うわぁぁぁ・・・。
僕らの忍の首が落とされちゃったぞ・・・。

shinobunokubiga22.jpg

≪ グフォフォフォフォ・・・ ≫

怪獣は首の無くなった忍の亡骸を押さえつけているぞ・・・。

shinobunokubiga23.jpg

≪ ズッズズーン! ≫

先ほど刎ねられた忍の頭が落ちてきた・・・。

信じたくないことだが、忍は怪獣によって首を刎ねられたんだ・・・。
もう忍は負けたんだ・・・。

どこからか子供たちの声が聞こえてくる・・・。
僕らの忍が死ぬものか・・・。
僕たちを守ってくれた忍が負けるもんか・・・。
忍はウルトラ戦士の力できっと復活するんだ・・・。

shinobunokubiga24.jpg

  「リリカ~」
  「リリカ~、リリカ~」
  「リリカ~、リリカ~、リリカ~」

子供たちは大きな声でリリカを呼び始めた・・・。
地球を救える、忍を救えるのは僕らのリリカしかいないんだ!

続きを読む »

Copyright (C) リリカのジオラマ. All rights reserved. Template by Underground